読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南野武のミニマリストへの旅

はじめまして。南野武です。衣食住の新しいあり方を提案していきます。無駄なモノは買わないであれば棄てましょう。買うなら本当に必要なものだけを選びましょう。

猫 毛球 除去

ネコがよく毛繕いしてますね。

これが胃腸につまると死んでしまいます。

猫は通常の清潔な状態で飼育していても、
消化管内に毛球が出来てしまいます。
 
これは、猫が特異な構造の舌を持つために、
自分の体表を舐めて毛づくろいをする時に
抜け毛を飲み込んでしまい、これが胃腸内に
蓄積して毛球となるからです。
 
この不消化物の毛球の存在は、正常な消化、
腸の蠕動による食物の移動を阻害します。
 
この毛球によって便秘や落ち着きのない
動作、乾咳、食後の嘔吐などの症状がおこります。
 
このような症状を取り除くには、
毎日のブラッシングによる抜け毛の除去と
ラキサトーンの投与が必要です。

じつは、うちにはウサギがいるんですが

毛玉がたまって、死ぬ直前まで行きました。

そのとき動物病院でつかわれたのがこの薬なんです。

ネコは毛玉をはき出せますが、うさぎはそれができないので

すぐに死に至るわけですが、これで便に毛がからんで排出され助かりました。

 

しかし、動物病院では非常に高いのです。

でも一般には販売してないと思い仕方ないと思っていました。

 

ところが、安く手に入ったんで報告します。

 

常備しておいた方が絶対いいですよ。

 

 

 

【沖縄・離島まで送料無料】猫の毛球除去および毛球形成除去【送料無料】【獣医師専用】ラキサ...