読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南野武のミニマリストへの旅

はじめまして。南野武です。衣食住の新しいあり方を提案していきます。無駄なモノは買わないであれば棄てましょう。買うなら本当に必要なものだけを選びましょう。

読みたい本があったらどうする?

難しい本は苦手だが、それでも昔から
本は好きで、よく買ってきた。

 

新刊本も当たり前のように買えた。

 


しかし、本も高くなってきた。

 

そこで、いろいろ考えたり試したりした。


①図書館で借りる。
 ネットで調べて予約できるので
 ラク。ただ人気本は何ヶ月も
 待たされるが、いつか読めればいい。


②アマゾンで探す。
 少し前の本なら、1円とかで
 出ているモノもある。送料は250円くらいだが
 すぐに届くしなかなか便利。もちろん、ネット上で
 すべてできる。


ヤフオク
 競ると負ける可能性があるが、即決価格で
 いいものも結構ある。自分が本を処分する
 時も便利。


ブックオフなどの古本屋。
 最初から、この本を、というスタンスで行っても
 ないことが多い、あくまで古本だから。
 ただ、少し前のベストセラーなど、安く手に入る
 こともある。ひまつぶしに読むなら、100円均一
 でも、結構、いいものがみつかる。
 ただ、店まで足を運ぶのが、めんどくさい。


⑤町中の無名の古本屋。
 ブックオフでは、考えられないような宝物が
 見つかることがたまにある。
 しかし、外出のついでに立ち寄るだけ。


青空文庫
 著作権が切れた文学作品を集めて
 公開しているサイトである。
 今年は、多くの著名作家が死後50年
 を迎えるため、当たり年になるという。
 電子書籍は今でこそ、メジャーになったが
 以前から有志の方々の努力で成り立ってきた。
 本当にありがたいサイトである。
 芥川 竜之介・坂口 安吾・太宰 治・夏目 漱石
 宮沢 賢治・森 鴎外・・・・・・
 こんな大作家の作品が無料でダウンロード
 できるのである。
 パソコンだけでなく、携帯でもデータを
 認識するので、外出先でも読める。