読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南野武のミニマリストへの旅

はじめまして。南野武です。衣食住の新しいあり方を提案していきます。無駄なモノは買わないであれば棄てましょう。買うなら本当に必要なものだけを選びましょう。

老後に苦労しない整理術は働き盛りから始める

老後に苦労しない整理術は働き盛りから始めるということを、意外に気づいてない人が

多いんです。

☆捨てるべきか迷ったら5W1Hでモノと自分の関係を明確に

What これは何?
Why なぜ、取ってあるの?
When いつ必要なの?
Where どこで、使うの?
Who 誰が、使うの?
How much? いくらしたの?

この6つの質問は、モノを前に捨てるかどうか迷っている人には必須のものです。

モノと自分との関係性を「5W1H」に沿って、論理的、かつ本質的に見直すことで、捨てる決断を後押ししてくれるわけです。

高齢者にも若者にも有効な考え方です。

 

☆自分なりの「捨てる」基準を決めよう!

1. 今、役立っているモノは捨てない
2.  思い入れのあるモノは捨てない
3.  今、役立っておらず、思い入れのないモノは捨てる
4. 年以上、着ていない衣類は捨てる
5. 年以上、使っていない趣味のモノは捨てる
6. 使えるモノは使う

 

モノを取捨選択し、捨てるには、判断基準が必要になります。

しかし、自分に合わない基準で捨てると、後悔することになります。

思い入れがあるモノは、無理に捨てなくていいんです。

ただし、「○年以上着ていない衣類は捨てる」といった、期限を切った基準は不可欠です。

 

【スピード買取.jp】