読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南野武のミニマリストへの旅

はじめまして。南野武です。衣食住の新しいあり方を提案していきます。無駄なモノは買わないであれば棄てましょう。買うなら本当に必要なものだけを選びましょう。

葬式 料金 カラクリ

両親も高齢だし、ボケないうちに葬儀の相談をしておこうと、比較的評判のいい葬儀屋

 

から、説明に来てもらいました。

 

彼は副所長という肩書きでしたが、これを言ったらNGでは・・・ということも

 

正直に教えてくれました。

 

いま一番はやりの「家族葬」です。

 

身内でやるので安くできると思うのは大間違いでした。

 

ありきたりの祭壇でなく、例えば故人の好きだった花を中心にしきつめたようなもので

 

などと考える人も多いでしょう。そしてBGMは故人の好きだった曲を流し・・・・・

 

こういうのはすべて服で言えば、「オーダー冥土いや、メイド」なのです。

 

たとえ家族で式をしようが、親戚だけよぼうが、主な人だけよぼうが、一般の祭壇を使

 

った形ならたいして値段は変わらないと言うことです。人数分の返礼とおふるまいの料

 

金が人数分ふえるだけなんです。

 

だから家族でオーダーの式の方が相当かかるわけです。

 

一番安く上げたいなら、坊さんをよばずに、葬祭場の遺体安置室でお別れをして、その

 

まま火葬場で焼いておわりという「直葬」だそうです。

 

教えてくれたのはここの人です。

 ↓ ↓ ↓ ↓ 

さがみ典礼

 

 

f:id:minaminotakesi:20151108190352j:plain