読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南野武のミニマリストへの旅

はじめまして。南野武です。衣食住の新しいあり方を提案していきます。無駄なモノは買わないであれば棄てましょう。買うなら本当に必要なものだけを選びましょう。

死ぬ 場所 選択

まず孤独死をされた方々のご冥福をお祈りしたい。

 

何らかの事情があって、亡くなったわけで、わたしがどうこう口をはさめる

 

立場にない。

 

亡くなった方々からすれば私の勝手な妄想は、かってな理論であり

 

「ふざけるな」ということになるかもしれないからだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

都会の古いアパートの一室。

 

正解であると思う。

 

そこで生活保護を受けて、暮らす。

 

必要最低限のものしかおかない。

 

ライフラインはあり、衣食住、必要なものは

 

手の届くところにあるのだ。

 

無料で利用できる文化施設もある。

 

あとは人とのつながりだ。

 

ここがうまくいかずに孤独死にいたる。

 

できれば友達を作って欲しい。

 

良心的な大家と仲良くなって欲しい。

 

落語に出てくる長屋のような雰囲気に

 

なってほしい。

 

それも無理なら役人を活用するのだ。

 

孤独死を防ぐ仕組みも充実してきているはず。

 

たとえば定期的に巡回する人、話し相手、

 

また携帯電話を無償配布し、定時連絡を受ける。

 

もちろん話したければ、24時間話せる機関を

 

もうけてほしい。

 

一番いいのは家族や親戚だが、これはあまり

 

期待できない。

 

たよりにできるならとっくにそちらに行っている

 

からだ。

 

最低限の衣食住・最低限の人間関係 

 

これだけでも孤独死はある程度

 

防げるとおもうのだが・・・

 

 

f:id:minaminotakesi:20151205121558j:plain