読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南野武のミニマリストへの旅

はじめまして。南野武です。衣食住の新しいあり方を提案していきます。無駄なモノは買わないであれば棄てましょう。買うなら本当に必要なものだけを選びましょう。

夢の効用

f:id:minaminotakesi:20170508012100j:plain

夢の効用

夢は自分自身の無意識からのメッセージ。 そんな夢を解釈することは自分の知らなかったような部分を発見できたり、 自分自身を二倍の人間にしてくれる可能性があるもの。 私自身自分の夢を理解するようになってから色々と人生が楽しく、そして切り開かれていっている。 みなさんもこれを機会に人生を切り開いてみればどう? 脳を100倍使うようになる。 夢を考えることは自分の脳にとって、とても良いこと。 一般的に左脳は学習などをすることによって使われる脳。そして右脳が視覚や聴覚などを考える脳。 つまり無意識の考えはすべて右脳によって処理されている。 夢は無意識からの自分へのメッセージなので夢を考えることは右脳で考えることになる。 そして驚くことに左脳を1と考えると右脳はその最低でも 100倍~10000倍の処理能力を持っているということ。 右脳は普段あまり使われないことから、 夢を考えるだけで自分の脳を100倍にも10000倍にも出来ると 考えたら夢を使い右脳を使わない手はないだろう。 夢は常に冷静な手紙を送ってくれている。 日常生活で感情的になり、どうしようもなくなって 悪い方向に走ってしまい後になって後悔したことはみなさん経験しているだろう。 このように悪い方向に走ってしまいそうな時でも夢は 自分自身の無意識の部分から冷静な判断を仰ぐように、メッセージを出してくれている。 大抵の人は夢なんか考えず感情的に動いてしまうので、 夢を考えることにより回りの人よりも冷静に物事を判断できるようになり人生を豊かに、 そして後悔を少なく出来る。 夢を毎回ある程度記憶できる人は将来ぼけにくい。 ぼけるということは考えたり思い出したりする事が出来なくなる現象なので、 若い時から夢を覚えたり考えたりする事を続けていれば将来ぼけにくくなるということ。 この事は科学的にも証明されている。 若い時に夢を何も考えず生活していると、年を取ってから夢を思い出そうと思っても思い出せない。 よく年を取ると夢を見なくなるというが、見ているのだけれども、 考える、思い出す能力が落ちてしまったということだ。 若い時から夢を考える事を続けていれば年をとってからも夢を思い出すことができ、 結果ぼけない頭に自然となっている事が多い。

夢判断-あなたの夢を解釈する方法 ・・・・・・・・・・・・・・

格安ビジネス旅行
プチプラなのにお姫様
プロ野球選手も使う高反発マットレス
出産祝い人気おむつケーキ
おしゃれにゴルフしたい
赤ちゃんの石鹸選んでますか
捨てようとしていた物が売れる
女性が憧れる人気美容室のヘアアイロン
キャバ嬢激安ドレス通販
極上の香りと有効成分で癒やされる入浴剤
頑固なシワ取りにベリル