読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南野武のミニマリストへの旅

はじめまして。南野武です。衣食住の新しいあり方を提案していきます。無駄なモノは買わないであれば棄てましょう。買うなら本当に必要なものだけを選びましょう。

緑内障を自宅で治す

最近こんなことはないですか?

・ここ数年、視力が急激に落ちた
・集中力が続かない
・腰に痛みを感じる
・下痢、もしくは便秘がちだ
・手足の関節が痛む
・肩がこりやすい
・目がかすむ
・頭痛がおこる
・手足の関節が痛む
・身の倦怠感がある

「まあ、年なんだからしょうがないだろう」

そう思う人も多いでしょうね。

しかし、これらすべて、あの「緑内障」の兆候んんですよ。

一見、緑内障とは無関係に思えるこれらの症状。

でも、これらの項目に該当する人は、

「目の機能不全以外の原因」

によって、緑内障症状が起こり、進行している可能性が高いと考えられます。

でも……


「目の機能不全以外の原因」とは、何なのでしょうか?


そして、どうすればその原因を取り除き緑内障を改善させることができるのでしょうか…?

緑内障の改善をあきらめていませんか?

緑内障は完治できない病といわれます。

でも、本当にそうなのでしょうか。

緑内障の改善ですから、「目」に着目することはもちろんですが、
実は…緑内障の原因は「目」そのもの以外のところにあります。


緑内障の進行を食い止め、改善に向かわせるには
その「目以外の緑内障の原因」を取り除くことが重要なのです。


緑内障は治らない病気といわれ、
眼科での処方は点眼薬のみの対処療法が中心です。


こんな病気をこのまま放置しておいていいのでしょうか。


緑内障は確かに、初期症状での自覚症状がほとんど無く、
また、一旦発症してしまってからでは根治するのが困難な、本当に厄介な病気です。


今までの西洋医学からのアプローチだけでは、緑内障治療に対する限界があります。


残念ながら、今の眼科のノウハウでは、点眼薬で症状を抑えるか、手術で眼圧を無理やりに正常値に持っていくか
これぐらいしか対処法がありません。


当然、これらは根本的な治療といえるものではありません。

一生点眼薬を手放せないような生活がまっとうな生活だとは、到底思えません。

「ホリスティック」という、いわば「身体全体のバランスを整える」という観点から
緑内障改善のための独自のプログラムが開発されました。

でも……

緑内障は、点眼薬で眼圧を下げるか手術以外では改善できないって聞いたけれど……

そう思われる方もいると思います。

でも、それはこれまでの話。

理に適った緑内障へのアプローチを行うことで、一生点眼薬を使い続けなくてもよくなります。

リスク覚悟で費用の高い手術も必要ありません。

 

緑内障を改善することは可能なのです。