読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南野武のミニマリストへの旅

はじめまして。南野武です。衣食住の新しいあり方を提案していきます。無駄なモノは買わないであれば棄てましょう。買うなら本当に必要なものだけを選びましょう。

ギターを捨てないで

若い頃、フォークソングなどにあこがれて、安いギターを買った人はいませんか?

 

わたしもその一人です。

 

しかし挫折して、物置に 放り込んでいます(^^;)

 

まあ人生も終着点が見えてきて、なにか日々の生活に潤いがほしいと思っている人は

 

もう一度チャレンジしてみませんか?

 

初心者がソロに挑戦すると
ギターがうまくなるって知ってましたか?

 


● ギターソロに挑戦したい
● または、コード弾き以外の演奏をしたい
● 今よりも1ステップ上を目指したい

 


という人には、ぴったりなんです。

 

 

とくに初心者の方に、ぜひ挑戦して
ほしい内容です。

 

 

それでも、“ソロ演奏”は・・・・


● 難しそう・・・
● 指が動くようになるのか不安・・・

 

と、感じるかもしれません。

 

 

ですが、まったく心配いりません。

 

 

その理由はソロ演奏の練習過程にあります。

 

 

ソロ演奏では、

 


   “魅せる” “聞かせる”


という演奏が大切です。

 


たとえば、

 

・しっとりと弾いたり


・元気に弾いたり


・テンポを変えたり


・メロディーラインとベース音を意識して演奏する

 


また、音を伸ばしたり切ったりするために

 

・弦を押さえた指を離さずに演奏したり


・消音(ミュート)するなど

 


ソロ演奏の練習を通して
たくさんのテクニックと知識が身につけられます。

 

 

だからこそ、初心者にソロ演奏に
挑戦してほしいのです。

 

 

 

この動画をご覧頂くとわかりますが、
1曲の解説を通して、

 

● 1つ1つの指の上手く使う具体的な方法


● メロディーラインとベース音を意識しながら
 曲の表現を豊かにする方法


● 譜面に使われている音楽記号の意味と演奏
 への活かし方

 

などを丁寧に解説してます。

 

初心者の場合、いきなりTABを見ても
とっつきにくく感じるかもしれません。

 

そのため2小節ごとに短く区切って
音楽記号の解説や指の押さえ方などを
解説しています。

 

ですから、「譜面がわからない」
「どの指で押さえればいいのかわからない」
という心配はいりません。

 

また、各小節のフレーズや練習内容を
より覚えやすく効果的に練習できるよう配慮して

数小節ごとに解説内容の復習として、
演奏するシーンを入れています。

 

さらに、指が動かしづらいと感じる部分には
手首や腕の使い方にも配慮してた
解説を盛り込んであります。

 

他にも、ベース音を綺麗につなげるために
あえて弦を押さえる指を変える場合や

音楽的に、しっとりと聞かせる部分や
変調して元気に弾く部分など
曲の流れにそったテクニックを伝えています。

f:id:minaminotakesi:20151223045234j:plain

至高のギターソロ演奏